西谷泰人監修 吉方位 検索システム

西谷泰人監修

方位学講座" height="78" width="227

方位学とは

方位学は、世界一の開運法です

方位学は、4千年に渡り研究が続けられてきましたが、広く一般に知らされたのは、現代に入って初めてのことで、それまでは門外不出の学問として、秘かに用いられていました。

住んでいる場所から、どこへ移動するかを扱う方位学

住んでいる場所とは、寝泊まりをしている場所のことです。住民登録をしている場所でもなく、仕事をしている場所でもありません。

そこから、人は引越しをしたり、旅行をしたり、買物に出かけたり、出張に行ったりします。いつ、どこへ、どのくらいの期間、どのくらい離れたところへ行くか、人それぞれに、吉凶が分かれます。方位には良い方位と、悪い方位があるからです。

(ちなみに、風水、家相は、お住まいや仕事場の間取り、家具、備品の置き方を扱う占いです)

方位は九種類ある

吉方位

中心に一つ、周囲に八つで、全部で九つの位置、方位は八方位となります。

方位は、北、東北、東、東南、南、西南、西、西北に分かれ、角度は東西南北がそれぞれ30度、東北、東南、西南、西北がそれぞれ60度に区切られます。 九つの位置に、九つの星が入り、そこを「定位」と言います。

五黄土星が中心に入った盤が定位盤になります。

九つの星の名前と読み方

  • 一白水星(いっぱくすいせい)
  • 二黒土星(じこくどせい)
  • 三碧木星(さんぺきもくせい)
  • 四緑木星(しろくもくせい)
  • 五黄土星(ごおうどせい)
  • 六白金星(ろっぱくきんせい)
  • 七赤金星(しちせききんせい)
  • 八白土星(はっぱくどせい)
  • 九紫火星(きゅうしかせい)

良い方位は、良い相性の星が入っている方位

九種類の星は、それぞれ五行の木・火・土・金・水のどれかに属しています。

【陰陽五行 木火土金水について】
  • 一白水星は「水気」
  • 二黒土星は「土気」
  • 三碧木星は「木気」
  • 四緑木星は「木気」
  • 五黄土星は「土気」
  • 六白金星は「金気」
  • 七赤金星は「金気」
  • 八白土星は「土気」
  • 九紫火星は「火気」

五行の気にはそれぞれ、良い相性の気があります。

そして、良い方位とは、自分の星と良い相性の「気」の星が入っている方位を指します。

ただし、五黄土星は「土気」になりますが、土気と相性が良い星でも、五黄土星が入っている方位は五黄殺といって、凶方位になります。

また自分の生まれ星の方位も本命殺と言う凶方位です。

凶方位は他にもあります。

用語解説

凶方位の解説

《五黄殺》

方位盤で五黄土星が回っている方位。

どの星生まれの人にとっても凶方位になります。

五黄殺は、腐る、崩れる、ゴミ、臭い、などの意味を持つ方位です。

《暗剣殺》

方位盤で五黄殺の正反対にあたる方位。

どの星生まれの人にとっても凶方位になります。

原因が自分以外の他から、いきなり降りかかるような災難、という特徴があります。

《本命殺》

あなたの生まれ年の九星が入った方位。

主に自分が原因で失敗に陥る傾向があります。

《本命的殺》

あなたの生まれ星が入った方位の正反対にあたる方位。

正反対の方位とは、北と南、東北と西南、東と西、東南と西北の関係を指します。

主に他からの間違った情報や、自分の勘違いなどで失敗を招きます。

《歳破》

その年の十二支が入る方位の正反対の方位。

どの星生まれの人にとっても凶方位です。

「何事も破れる」という力が働きます。

《月破》

その月の十二支が入る方位の正反対の方位。

どの星生まれの人にとっても凶方位です。

歳破と同じく「何事も破れる」という力が働きます。

《日破》

その日の十二支が入る方位の正反対の方位。

どの星生まれの人にとっても凶方位です。

歳破、月破と同じですが、日破は、日盤(毎日入れ替わって廻る)における凶方位ですから、一生を左右するほど大きな事柄ではありません。

《定位対冲》

北に九紫火星が入った年、月、日の方位と、南に一白水星が入った年、月、日の方位。

定位盤(参照)にあるとおり、一白水星の定位は北、九紫火星の定位は南です。それぞれ、その正反対の方位に入ったときを定位対冲と言い、そのときは星の本来の働きができず、調子が悪い状態になります。

定位の正反対の位置とすると、南北以外に、東西や東北と西南、東南と西北の鑑定がありますが、これら南北以外の定位対冲は、問題にする必要はありません。

方位の働き、特別編

《天道(てんどう)》

月盤に強く作用し、誰にとっても吉方位です。

ただし、自分にとっての凶方位に、天道が重なった場合は、凶を吉に変えるかもしれないほどのパワーが天道にはある、とはいえ、凶方位の働きがなくなるわけではありませんから、吉方位早楽地図上検索システムでは、凶方位として扱っています。

《大歳(たいさい)》

その年の十二支が入った方位が『大歳』で、凶も吉も3倍に増強されます。

つまり、凶方位は凶3倍方位、吉方位は吉3倍方位です。

《吉星と凶星が重なった方位は?》

自分の九星が入った方位の正反対の方位は、本命的殺という凶方位になりますが、その方位に、相性が良い吉星が入ることがあります。

あるいは、吉星が入った方位に破れ(歳破・月破・日破)が入る場合もあります。

そのように『吉と凶が同居』した場合は、吉凶、両方の影響が出ます。吉と凶のプラス、マイナスで相殺のゼロになるのではなく、良いことも起こり、悪いことも起こる、となります。

吉星が入っていても、凶方位の働きがなくなるわけではありませんから、吉方位早楽地図上検索システムでは、凶方位として扱っています。

《凶方位と凶方位が重なった場合》

自分の星が入っている本命殺の正反対の方位に、五黄土星が入る場合があります。

すると、本命殺と暗剣殺、本命的殺と五黄殺が、それぞれ同居することになります。

このように『二つの凶方位が重なる方位』は、強力な大凶方位となります。

《年盤と月盤が同会した場合》

年盤と月盤が同じ盤(同じ星の配置の盤)で重なることを「年盤、月盤の同会」と言います。

同会する月は、その方位効果が吉方なら二倍の大吉方に、凶方なら二倍の大凶方にと強化されます。

《六白が年盤と月盤で重なった場合と西北の吉方位について》

あなたの生まれ星にとって六白金星が吉方位であっても、「磨かれて玉となる」「試練の後トップになる」という六白は、初めの内は厳しい環境に置かれて辛い事もあります。

六白で年月が重なる方位を利用する場合は、厳しいことが起こるかもしれない、と承知しておいてください。また、西北は六白の定位方位です。西北に他の星が入っていても、西北を吉方位として利用する場合は、同様の注意が必要です。

方位学の実践法

開運旅行は、100キロ以上のところで3泊しよう

引越しは、近くへの引越しでも効果絶大

効果絶大だといっても、引越しは時間と手間、そして費用がかかります。引越しによる効果より、引越しをするための手間暇時間が効果を上回る負担の場合は、もちろん、引越しの手段を用いるべきではありません。

旅行でも大きく方位の効果が得られますので、無理な引越しはやめましょう。

チョッとした買い物、デートは日盤中心で見る

方位の効果は、自分への追い風と逆風

いくら追い風が吹いても、小さいボートの小さい帆では、あまり速度は出ません。

それに対して、逆風が吹いても、強力なエンジンを搭載した船は、どんどん進むことが可能です。

自分の実力、人柄、配慮、注意力は、人生のエンジンです。方位を利用するとしても、日頃、自分を養った成果が基になることを忘れてはなりません。

出発したときの方位が続く 旅行先で何泊かするうちに、月が変わるときがあるかもしれません。年の変わり目なら、年も変わることがあるかもしれません。

旅行中に年や月が変わっても、その旅行は、「出発した日」の方角の旅行となります。

象意

方位には金運方位、結婚方位、事業成功方位など様々ある 星と方位により、働きの内容に特徴があります。方位学では、その特徴を「象意(しょうい)」と言います。

象意は、九つの星それぞれと、九つの位置(中央プラス八方位)に分かれます。

吉方位

象意一覧

一白水星/北 『水の象』

【雑象】 思う、悩む、陰の事、隠れる、密会、恋愛、苦労、病気、養う、セックス、秘密、交際。

【人物】 中年の男性、智者、泥棒、売春婦、ホステス、悪人、病人、死者、盲人。

【人体】 腎臓、血液、陰部、肛門、脊髄、耳、汗。

【病気】 腎臓病、アルコール依存症、痔、性病、ノイローゼ、うつ病。

【場所】 水道局、飲み屋、水族館、寒い場所、地下室、宴会場、葬儀場。

【職業】 酒屋、水商売、クリーニング店、銭湯、バー、牛乳屋、漁師、売春婦。

【品物】 石油、ガソリン、酒類、インキ、帯。

【食物】 酒、飲料水、ジュース類、牛乳、お吸い物、塩、塩辛、漬物、豆腐、海草、生魚、イモ類。

【動物】 豚、馬、きつね、ネズミ、おたまじゃくし、魚。

【植物】 椿、梅、ひのき、水仙、福寿草、睡蓮、藤の花。

【天象】 雨、雪、寒気、霜、豪雨、水害。

【味・色・数】 しょっぱ味、透明度の高い白色、一と六。

二黒土星/西南『大地の象』

【雑象】 寛容、敬う、資本、慎む、育てる、静か、柔順堅実、働く、努力、勤勉、下等、家庭、土地。

【人物】 母、妻、保母、養母、老婆、庶民、大衆、家族、補佐役、労働者。

【人体】 胃、腸、血、腹。

【病気】 胃腸病、腹膜炎、無気力症。

【場所】 野原、平原、農村、空地、住宅地、田畑、墓地。

【職業】 病院、産科医、葬儀屋、雑貨屋、お菓子屋。

【品物】 ズボン、座布団、畳、碁盤、将棋盤。

【食物】 麦、砂糖、お菓子(大衆的な)、

【動物】 牛、馬、羊、猿、アリ。

【植物】 柿、

【天象】 曇天、霜。

【味・色・数】 甘味、黒、こげ茶色、五と十。

三碧木星/東 『雷の象』

【雑象】 音、音楽、講演、コンサート、口論、銃声、テレビ、ラジオ、インターネット、口笛、お経、進む、昇る、進言、発明、開業、発展、新しく始める、決断、激しい、うそ、短気。

【人物】 長男、皇太子、著名人、祭主、中年男性、歌手、ミュージシャン。

【人体】 肝臓、足、咽喉、親指。

【病気】 肝臓病、ヒステリー、神経痛、足の疾患、のどの疾患。

【場所】 コンサート会場、ライブハウス、セミナー会場、楽器店、電話局、電気ショップ、レコーディングスタジオ、急行列車。

【職業】 音楽家、アナウンサー、レコード店、楽器店、電気屋、寿司屋、八百屋。

【品物】 楽器、CDプレイヤー、太鼓、火薬、ピストル、花火。

【食物】 酢、酢の物、寿司、レモン、みかん、グレープフルーツ、梅干、野菜類、海藻類。

【動物】 馬、鷹、ツバメ、カナリヤ、ひばり、目白、鈴虫、松虫、せみ、キリギリス、カエル、蜂、多足の虫。

【植物】 野菜、海草、花、竹。

【天象】 晴れ、雷鳴、雷雨、地震。

【味・色・数】 酸味、コバルトブルー、三と八。

四緑木星/東南 『風の象』

【雑象】 整う、整理、縁談、結婚、旅行、遠方、通信、電話、信用、商売、長い、迷う、考え違い。

【人物】 長女、中年女性、専業主婦、妾、旅人、商人、仲介人、ヒゲのある人、大工。

【人体】 腸、頭髪、股、神経、呼吸器、気管支、食道。

【病気】 風邪、わき香、呼吸器疾患、食道疾患、神経症、禿げる。

【場所】 線路、道路、船着場、神社。

【職業】 商人、運送業、そば屋、材木商、大工、家具屋、ツアーガイド。

【品物】 電線、木材、手紙、はがき、扇風機、針金、綱、ひも、糸。

【食物】 麺類、ねぎ、ニラ、にんにく、三つ葉、穴子、うなぎ、どじょう、太刀魚。

【動物】 ヘビ、ミミズ、きりん、牛、豚、鶏、蝶、はち。

【植物】 草、朝顔、柳、へちま。

【天象】 風、雲多いが雨降らず。

【味・色・数】 酸味、緑、三と八。

五黄土星/中央 『帝王の象』

【雑象】 病気、腐敗、破壊、戦争、ゴミ、廃物、強情、強欲、死亡、死体、悪化、災害、葬式、崩壊、殺意、凶暴。

【人物】 大統領、首相、帝王、独裁者、犯罪者、やくざ、悪人、泥棒、死人、廃人。

【人体】 五臓、脾臓。

【病気】 脳溢血、心臓疾患、ガン、下痢、高熱を伴う病気。

【場所】 廃跡、戦場、墓地、不毛の地。

【職業】 葬儀屋、高利貸し、ゴミの回収業、

【品物】 腐敗したもの、安い物、壊れたもの、古いもの、

【食物】 安物菓子、腐ったもの、味噌、納豆、粗末な食べ物。

【動物】 猛獣すべて。

【植物】 毒草類、

【天象】 地震、津波。

【味・色・数】 甘味、黄土色、五と十。

六白金星/西北 『天の象』

【雑象】 充実、完全、高級、尊い、施す、喜ぶ、活動、争う、賭け事。

【人物】 天皇、大統領、独裁者、首相、社長、一流人、長官、父、夫、経営者、軍人、資本家、上司。

【人体】 顔、頭、首、肺臓、肋膜、骨。

【病気】 頭痛、腫れる疾患、熱の出る病気、便秘、結核、肺疾患、骨折、血圧、大ケガ。

【場所】 ビルディング、高台の場所、官庁、御殿、神社・仏閣、教会、劇場、学校、博覧会、市場、取引所、競技場、競馬場、運動場。

【職業】 官僚、軍人、貴金属商、時計屋。

【品物】 宝石、貴金属、時計、電車、自動車、自転車、機関銃、機械、手袋、靴下、マスク、帽子、傘、冠、衣類、風呂敷(など覆うもの一切)。

【食物】 果実全て、いなり寿司、巻き寿司、包まれたお菓子、米、饅頭。

【動物】 竜、馬、虎、ライオン、鶴、犬、イノシシ、鳳凰。

【植物】 薬草、果実、秋に咲く花。

【天象】 晴天、快晴。

【味・色・数】 辛味、白金色(高級感のあるプラチナのような白金色)、四と九。

七赤金星/西 『沢の象』

【雑象】 悦ぶ、歌う、金銭、恋愛、結婚、飲食中、レジャー、口論、出費、刃物、剣。

【人物】 少女、二十歳前の女の子、タレント、歌手、芸人、芸者、ウエイトレス。

【人体】 口、肺臓、呼吸器、胸部、歯。

【病気】 口内疾患、歯痛、胸部疾患。

【場所】 喫茶店、飲食店、講演会場、沢、窪地、低地、ため池、水溜り、養鶏所、鶏肉屋。

【職業】 飲食業、金融業、銀行員、講演家、歌手、タレント、

【品物】 なべ釜、バケツ、刃物、楽器、鈴。

【食物】 鶏肉、鳥料理、スープ、親子丼、焼き鳥、コーヒー、牛乳、酒、ビール、サイダー、お汁粉、甘酒。

【動物】 虎、羊、豹、鶏、沢鳥。

【植物】 月見草、なでし子、女郎花、秋に咲く草花。

【天象】 雨、天候が崩れていく、、

【味・色・数】 辛味、茜色、黄金色、四と九。

八白土星/東北 『山の象』

【雑象】 蓄財、停止、中止、相続、変化、交換、革命、高い、遅れる、迷う、開店、閉店、復活、再起、満期。不動産、親類。

【人物】 歳未満の男の子、肥満した人、長身の人、小男、強欲な人、金持ち、ホテル・旅館業者、相続人、登山家、不動産関係者、囚人。

【人体】 鼻、関節、神経痛、小児麻痺、腰、背中、手、指。

【病気】 腰痛、リュウマチ、過労、関節炎。

【場所】 旅館、ホテル、休憩所、倉庫、物置、土手、堤防、石垣、石段、階段、墓地、突き当たりの家、行き止まりの家、神社・仏閣。

【職業】 旅館業、ホテル業、不動産業、駅員、僧侶、菓子業。

【品物】 積み重ねたもの、重箱、机、テーブル、椅子、座布団、チョッキ。

【食物】 牛肉料理、ダンゴ、数の子、いくら、筋子、さつま揚げ、 (数多く寄り集まっているもの)

【動物】 ネズミ、鹿、きりん、鶴、イノシシ、虎、竜、牛、犬。

【植物】 木になっている果実、竹、山芋。

【天象】 曇り空、気候の変わり目。

【味・色・数】 甘味、象牙色、五と十。

九紫火星/南 『火の象』

【雑象】 火、火災、光、輝く、光明、明らか、発見、知性、名誉、栄転、美しい、綺麗、装飾、離れる、離婚、離別、辞退、脱退、除名、手術、切断、裂ける、戦争、裁判、喧嘩、紛争、文書、書類、二度目が良い。

【人物】 美人、有名人、学者、芸術家、眼科医、智者、警察官、二十代から三十代の女性、書店業者、消防署員。

【人体】 精神、心臓、眼、耳、血液、乳房。

【病気】 精神病、心臓病、火傷、頭痛、眼疾患、耳痛、乳がん。

【場所】 警察署、裁判所、交番、消防署、火事現場、噴火口、劇場、博物館、図書館、書店、宴会場、祈祷所、学校、化粧品売り場、美容院、。

【職業】 化粧品、美容業、スタイリスト、ヘアーメイキスト、作家、画家、学者、大学教授、占い師、裁判官、眼科医、測量技師、教員、警察官、新聞記者、雑誌などのライター。

【品物】 株券、手形、書画、書籍、装飾品、電燈、ランプ、ローソク、めがね、航空機、鍋釜。

【食物】 海草、干物、馬肉、貝類、色彩の美しい料理、酒。

【動物】 きじ、鳥、馬、カメ、カニ、えび、貝類、金魚、熱帯魚。

【植物】 紅葉、南天、スイカ。

【天象】 晴天、暑い、温かい、日中。

【味・色・数】 苦味、赤紫色、二と七。

吉方位の効果は、四ヶ月目、七ヶ月目、十ヶ月目に強く出る

3泊以上の旅行の効果は、行った月を一ヶ月目と数えて、四ヶ月目、七ヶ月目、十ヶ月目に強く出ます。

もう一つの吉方位効果が出る時期

四ヶ月、七ヶ月、十ヶ月目にプラスして、旅行した方位により、次に記した時期にも吉方位の効果がよく顕れます。

北の旅行―五ヶ月目

東北の旅行―七ヶ月目

東の旅行―三ヶ月目

東南の旅行―二ヶ月目

南の旅行―六ヶ月目

西南の旅行―四ヶ月目

西の旅行―八ヶ月目

西北の旅行―九ヶ月目

もちろん、効果が顕れる時期は、上記の時期だけとは限りません。

効果別、方位紹介

☆結婚したい………北・東南・西

☆悪因縁をスパッと切りたい、別れたい……南

☆悩み事を解消したい……北

☆いい不動産を持ちたい……東北

☆株で儲けたい……西北

☆音楽・映画・TV・ラジオ・マスコミ・インターネット関係、芸能方面で活躍したい……東

☆裁判に勝ちたい……南

☆家庭運を良くしたい……西南

☆とにかく元気一杯に発展したい!……東

☆人間関係を良くしたい……北・東南・西

☆金運を付けたい……東北・東南・西・西北

☆出世し名誉を得たい……西北

☆頭脳明晰・才能開花、仕事で名声を得たい……南

☆取引。交渉を有利にまとめたい……北・東南

☆相続者に恵まれたい……東北

また、健康の改善に効く方位は、次のようになります。

☆腎臓・セックス関係……北

☆胃腸……西南

☆肝臓・神経痛……東

☆頭痛・肺・便秘……西北

☆口内疾患・歯痛・胸部疾患……西

☆腰痛・リュウマチ……東北

☆心臓・眼・耳……南

☆皮膚病……西南

東に行けなくても、三碧方位にいけばいい

自分の住まいから東は海だけ、という方がいらっしゃると思います。その場合は、東の定位の星、三碧木星が入った方位を使う、という方法があります。 同じように、定位の星を使うことにより、その方角の象意の効果を得る方法があります。 定位の星を、方角別に再度、記します。

北……一白水星

東……三碧木星

南……九紫火星

西……七赤金星

東北……八白土星

東南……四緑木星

西南……二黒土星

西北……六白金星

ただ、東の定位の星、三碧木星の方位が吉方位になる人は、一白水星、四緑木星、九紫火星の生まれの人のみですから、その他の生まれ星の人は、海外旅行で、本当の東を使うしかありません。

吉方位で、出来ればこんな事も……

吉方位の効果は、「そこに泊まるだけ」で得ることができますが、もっと顕著にする方法があります。それは、それぞれの象意に添ったことをする、象意に添ったものを食べる、という方法です。

初日は、泊まる部屋に午後10時40分までに入ること

それ以上遅い時間になると翌日扱いになってしまい、せっかく泊まっても、1泊分、少ない効果になってしまいます。気をつけましょう。

悪い方位だが、どうしても行きたい時の秘策

方位の影響は、「泊まる場所」で顕れますから、昼間の用事は悪い方位でも、夜に泊まる場所を吉方位にすれば、それは吉方位旅行となります。ただしこれは、昼間の用事をする方位を年月盤で悪い方位と観た場合です。

この場合の昼間の用事の吉凶は、日盤で観ることになります。

凶方位を避けるための「方違え(かたたがえ)」の方法

日盤の方違え

★方角が悪いと分かっていても、行かなければならない場合

用事がある場所へ行く前に、その用事の所要時間の倍の時間を、他で過ごす。

倍の時間を過ごす場所は、用事がある場所が吉方位になる場所を選ぶ。

方違え長期版

自分の住まいから方位を割り出すのは、そこに磁場があるからです。

60日間、寝泊まりをすれば、そこが新しい自分の磁場になります。

ですから、可能でやる気があるならば、60日間、他の場所に住み、そこから最終目的地へ引っ越す方法があります。

登録はこちら